和敬塾がZIPに登場!場所はどこ?男らしい写真はどれ?

wakei
Pocket

おはようございます。
中の人です。
週末は出張先から地元へ戻ります。
月曜日の夕方にはまた出張先に戻るんですねどね。
地元に戻ってもいろいろと用事があってゆっくりする暇が無いのが残念…
地元のラーメンは絶対に食べますけど!!

さて、毎朝の情報番組はZIPを見ています。
特に金曜日は原田曜平さんが出演をされます。
原田曜平さんはトレンド情報を教えてくれるので毎週楽しみにしています。

今日、原田曜平さんが紹介してくれたのは『和敬塾』
なんでも男子大学生600人が入居している『寮』みたいな所だそう。
男らしい大学生がたくさんいるようです 笑

今日はZIPで放送された和敬塾について記事にしたいと思います。

Sponsored Link

和敬塾の概要

正式名称は公益財団法人和敬塾(こうしきざいだんほうじんわけいじゅく)
所在地はこちら⇒東京都文京区目白台。
入居できるのは大学生、大学院生の男子。

地図はこちら。

和敬塾は公益財団法人なんですね。
ちょっとびっくり!!

和敬塾の敷地は約7000坪。
全部で6つの寮があって約50校の大学生が入居しています。
留学生もいる模様。

留学生は中国、韓国、台湾などアジアから留学してきた学生が多いのが特徴です。

1年を通していろんなイベントがあるようで中でも一か月ほどかけて行う『体育祭』が有名。
一か月かけて行う体育祭ってどんな事するんでしょうね~
機会があれば見たいです♪

和敬塾は人間関係を学ぶ場所

和敬塾は礼儀など社会人として当たり前の事を徹底的に学びます。
人にあったら『こんにちは』と大きな声であいさつ。
すれ違う時には『失礼します』

特に入寮した新入生には厳しくて脱落していく学生もいるようです。

ZIPでも先輩の部屋への入り方など学生が説明をしていましたがそこまでする!!
って、感じでした。

目を合わせる、2歩でドアを閉めるなど決まりがある…
んな事どうでもいいやん~
て、感じ。

もろ体育会系ですね♪
体育会系は礼儀に対してめちゃくちゃ厳しいですからね〜
でも、その礼儀の厳しさは社会人になってから非常に役立ちますからね♪
学生時代に身につける場面があると非常に有利ですからね。

うーん、素晴らしい男!!

和敬塾の基礎知識がyoutubeにありました。

和敬塾はいろんなイベントが楽しそう

和敬塾は寮ごとにいろんなイベントがあるようです。
ZIPで放送していたのは山手線一周ハイクだったかな。
山手線は一周すると約35キロくらいだったと思いますが寮生みんなで遠足をするようです。

しかも遠足をするのは夜中…
みなさん仮装をしていたり楽しそうでした。
このイベントは西寮で行われているようです。

山手線一周ハイクの様子は西寮のブログ⇒こちら

ブログを見るとみんなめちゃ楽しそうです♪

こちらは北寮の体育祭ですか??

皆さん、こんにちは!いつもお世話になっております。北寮国際部、留学生代表を担当しているクリスと申します。長かった体育祭の夏がいよいよ終わりました。皆さん本当にお疲れさまでした。さて、今日は北寮で生活している留学生として、自分が北寮で経…

Posted by 和敬塾 北寮 on 2015年10月15日

Sponsored Link

和敬塾は寮ごとに情報発信をしています

和系塾は6つの寮があります。
東寮、西寮、南寮、北寮、乾寮、巽寮です。

それぞれの寮がブログやFacebookで情報を発信しています。

東寮のブログ⇒こちら
西寮のブログ⇒こちら
南寮のブログ⇒こちら
北寮のFacebook⇒こちら
乾寮のブログ⇒こちら
巽寮のブログ⇒こちら

それぞれ特徴があって全部見ていたら時間がたりません 笑

みなさん交代で更新でしているようです。

ZIPで言っていた男らしい写真が話題になってたのはこれかな??

うーん男らしい!!

まとめ

和敬塾に入る為には以下のお金が掛かります。
入塾金:72,000円
年間管理費:45,360円
月額塾費:96,096円(東寮)、99,264円(西・北寮)、90,816円(南・乾寮)

食費も入っているようですが結構高いと思います。
ですが、社会人にとって一番大切な『コミュニケーション』を学べます。
これってものすごく大切な事なんですよね!!

この事を考えると安いと思います。

わたしの子供が大学に行くなら絶対に和敬塾に入れたいですね。

と、いいますかわたしが入りたかった!!
大学には行っていませんが 笑

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>