ヴァンネットはこんな会社!破産手続きになってしまったけど投資した人はどうなるの?

wain

おはようございます。
中の人です。
昨日はダイソーで3000円くらい買い物をしました。
先週末に引っ越しをしたので必要な物を買いにきたんです。
洗濯関係と掃除関係で必要な物を買ったのですが買うものが多すぎた感じですか 笑
ダイソーの大きい袋を2つ抱えて帰りました!!

さて、朝のYahooニュースを見ているとワイン投資ファンドのヴァンネットが破産手続きを行っているとあります。
この投資関係は非常にリスクがあると思うのですがいつの時代でも被害にあう方がいますね~
このような投資には絶対はないので自己責任と思うのですが…

自己責任ですがそれを利用したブラックな事をやっている投資ファンドがあるのも事実だと思います。
今回のヴァンネットもあまり良い噂を聞かない会社ですけどね。
やはりと言いますか自己破産申請を申請して裁判所に認められた模様です。

今日はワイン投資ファンドのヴァンネットが破産手続きを開始するので記事にしたいと思います。

Sponsored Link

ワイン投資ファンドのヴァンネットに概要など

社名:株式会社ヴァンネット
所在地:栃木県宇都宮市中央一丁目9番6号
代表取締役:高橋 淳
資本金:1000万
設立:2000年7月

わたしも少なからず投資をしているのでこのようなニュースは非常に気になります。
まず、ヴァンネットのホームページを見て見ました。
ワイン投資を行っているという事はわかりますね。
ホームページの作りも普通だと思います。

ですが、気になる事があってホームページのコンテンツにある以下の項目のリンクが押せません。
・ワインファンドの仕組み
・運用状況
・ワインマーケット情報
・社会貢献活動レポート

投資をする人が一番注目するコンテンツなんですけど。

それに、2015年12月に業務改善命令を受けてます。
過去のワインの買い付けや売却に関して虚偽の報告をしていたという事実に対してです。
さらに、投資対象のワインの在庫が激減していたという事実もありました。

ちょっと調べるだけでもブラックなイメージがある会社というのは間違いないと思いますね。
実際に自己破産申請を行っているので。

ワイン投資がどんな物か超ざっくりと

ワイン投資を初めて聞く方もいると思うので超ざっくりではありますが説明をしたいと思います。
あ、超ざっくりですからね 笑

まずは、現物投資と言われる手法。
将来値段が上がると思われるワインを購入⇒保管⇒売却を行って利益を得るという方法です。
これらが自分で行えれば簡単なんですがどのワインの値段が上がるかはわたしたちにはわかりません。
それに、ワインが劣化しないよう保管するのも大変でしょう。
ワインの売却もそうですね。

次はワインファンドになります。
ヴァンネットが行っている手法になります。
個人投資家などから集めたお金を使ってワインの購入、売却は運用者にお任せするという手法です。
どんなワインを買っているのかは出資者は気にしなくていいのです。

これくらいのお金を出資すれば1年でどれくらいのリターンがあるという事になります。
お金があるので少しでも増やしたいと思っている方が利用するようです。

投資なのでどちらもリスクがあるのは当たり前ですが。

Sponsored Link

ヴァンネットに出資した人が今後どうなるか

東京地裁に自己破産申請を行って破産手続きをする事が認められました。
被害者は約530名、負債は40億を超えると言われています。

ヴァンネットが持っている資産や財産が差し押さえらます。
それらを被害者である方々に公平に分配されると思います。
いや、被害額が考慮されるかな??
そこはまだ不明ですけどね。

いずれにせよ出資した全額が戻る事は無いと思います。

ヴァンネットも詐欺をしようとしていた訳では無いでしょう。
どこかで投資運用が間違ってしまったと思います。

これが投資のリスクでもあるんですが。

まとめ

ワイン投資ファンドのヴァンネットが自己破産申請を行って破産手続きが進められるようです。
ヴァンネットは業務改善命令を受けるなどカナリあやしい事をやっていたようです。

いつの時代もこのような投資詐欺まがいな事は無くなりませんね~
投資する側にも問題があると思います。
今の世の中でお金が簡単に増える事は無いと思います。

ですが、日本の銀行にお金を預けても全然増えませんからね~
日本経済の問題でもあるんでしょう。

どのような投資にもリスクはあります。
素人ほどこのような投資に手をだす傾向があるようです。

簡単にお金は増えませんからね。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>