鬱袋まとめをやっちゃいます!サマンサタバサ、リズリサは今年はどうかな?

utu

おはようございます。
中の人です。
昨日は会社の忘年会でした~
新橋の華宝で中華の食べ放題と飲み放題!!
スペシャルメニューの鯛の唐辛子煮が美味かった。
食べ過ぎたけど〆のレタスチャーハンがマジで美味い!!
今朝は内臓にダメージが若干残っている模様…

さて、今年もあと一週間と半分になりましたね。
日にちが立つのは早いなー…
毎年この時期に話題になるのは福袋!!

わたしも毎年買う買わないは置いといて口コミとかネットで探しています 笑
お得な福袋もあれば残念な福袋もあるようですが、残念な福袋の事を数年前からある単語で呼ばれているの知ってます??

鬱袋…
うつぶくろ

と、呼ばれています。

どれだけ残念なんだって感じもしますけど…

確かに、福袋って期待感が半端ないですよね~
当たったらめちゃ喜ぶけど外れた時の残念な気持ちも半端ない!!
怒りが込み上げてくる時もありません??

わたしはそんな気持ちが良くわかるわー

今日は残念な福袋の鬱袋について記事にしたいと思います。

Sponsored Link

福袋の歴史など

わたしはアラフィフなのですが子供の頃の福袋と現在の福袋の売り方が変化していると思います。
わたしが子供の頃の福袋は売っている場所は百貨店だけだったと記憶をしています。
中味を見る事は絶対に出来ませんでした。
そして、買えるのは1月1日だけ。

百貨店で福袋を買って初めて中味を見る事が出来たのです。
お得感が満載な福袋もあればちょっと残念な福袋もありました。
福袋を開けてその時の『運』を楽しんだものです。

さて、現在の福袋はどうでしょう。
まず、売っている場所ですが百貨店だけじゃなくありとあらゆるお店で売ってます。
昔と違う一番大きなところが『中味が公開されている』という点です。

もうひとつ大きな違いが12月中に販売がされている。

と、いう点です。

人気な福袋はヤフーオークションで転売もされていますよね。
定価以上で売買されている福袋もあります。

いやー世の中が変わってしまいましたね!!

ネットの口コミで福袋が鬱袋になる

昔は福袋で運を試す要素もあってはずれでも楽しんでいた物ですが現在ではSNSの登場で口コミが大きくなっています。
特にツイッターなんかは不特定多数で拡散されますからね。
自分が気に入らなかったらSNSに投稿している感じ…

なので、そのような福袋が鬱袋、糞袋とひどい呼び方で揶揄されます。
まあ、それでスッキリするならそれでいいんじゃないでしょうかね 笑

お店側もそれを逆手にとって不幸袋、不吉袋などで商売をしている猛者もいます 笑

どっちもどっちですね…

Sponsored Link

ネットの鬱袋をあつめて見ました

なぜに半袖のダウン??

お父さん狙った 笑

これはどこの福袋。

着る所がないね。

ブランド品でも容赦がないね。

サマンサ評判悪し…

コスプレ福袋ですかね。

本当に謎の柄ですね。

まとめ

正月恒例の福袋ですがお店側の確信犯かな??
と、思われる残念な内容もたくさんあるようです。
今の世の中はSNSがありますから口コミの拡散が凄すぎますよね~

お店側は炎上を狙っているのかな??

とも、思われます。

今年も鬱袋ネタが流行るのかな~

今年は鬱袋ネタを見守ってみたいと思います 笑

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>