高見のっぽさんの現在は?ゴン太君は?できるかなの再放送はあるの?

kuri

おはようござます。
中の人です♪

さて、わたしが子供の頃に良く見てたNHKのテレビ番組の『できるかな』の出演者の『高見のっぽさn』さんがコメントを出して話題になっています。
高見のっぽさんは現在81歳!!
一切しゃべらないで番組という異色の番組でしたが子供の頃のわたしは大好きなテレビ番組でした♪

そうか~
高見のっぽさんはもう81歳になるのか~
現在は何をされているのかな??

今日はテレビ番組のできるかなで活躍をしていた高見のっぽさんについて記事にしたいと思います。

Sponsored Link

高見のっぽさんのプロフィール

氏名:高見のっぽ(たかみ のっぽ)
旧芸名:高見 映(たかみ えい)
本名:高見 嘉明(たかみ よしあき)
生年月日:1934年5月10日(81歳)
身長:181センチ
出身:京都府京都市右京区
高校:東京都立立川高等学校

高見のっぽさんと言えば誰でもテレビ番組の『できるかな』を思い出しますよね。
それ以外の高見のっぽさんは『タップダンス』くらいしか知りません…
調べて見ると若い頃はダンサーを目指して活動をされていたようです。

ですが、なかなか売れる事が無かった時代を過ごしています。
高見のっぽさんにチャンスが巡ってきたのは30代の後半!!
NHKのテレビ番組『なにしてあそぼう』への出演です。

この番組はわたしがちが良く知っている『できるかな』の前身の番組です。

これから24年間ずっと何もしゃべらないのっぽさんを演じて子供たちを釘付けにしたのです♪

高見のっぽさんは不器用だった??

高見のっぽさんは番組で工作していろんな物を作る番組です。
なので、高見のっぽさんは手先が器用、絵心がある!!
と、今の今まで思っていたのですがどうも違うようです。

工作や絵は苦手です。小さいときから

Yahooニュースに出ていた高見のっぽさんの言葉です。
実の母親からはこんな事を言われていたようです。

あんたみたいなぶきっちょな人は見たことないわ 笑

高見のっぽさんはこれがトラウマになっていたようです 笑

これ聞いてわたしは衝撃的でした 笑

高見のっぽさんが凄いのは引き受けた仕事だから一生懸命にやろう!!
実は工作をした時も失敗も多かったそう。
絵を書くのも苦手ですがそんな時は放送中に流れている音楽を楽しんで絵を書いていたそうです。

高見のっぽさん凄すぎる~

高見のっぽさんはできるかなで実はしゃべっていた!!

でいるかなは高見のっぽさんが無言で番組を演出していました。
でも、最終回で高見のっぽさんはしゃべっていたんです!!

youtubeで探してみると最終回がありました。

ここで高見のっぽさんが話した内容は全てアドリブです♪

できるかなの最終回が放送されて驚く事があったようです。
高見のっぽさんが街を歩いていると最終回を見た大人たちが涙を流しながら話しかけてきたそうです。
その涙を流した方の気持ちわかるような気がする~

子供の頃はずっとできるかなを見ていたんです。
のっぽさんってなんでしゃべらないの??
と、母親に聞いていた記憶もあります。

そんなのっぽさんが番組の最終回という事でアドリブで話しをされました。
のっぽさんが話しをした事、できるかなが終わる事…
いろんな思い出でがあって涙が出たと思います。

わたしもその時にのっぽさんに出会っていたら涙して話しかけたと思います…

Sponsored Link

現在の高見のっぽさんは??

できるかなを卒業した高見のっぽさんは作家として活躍をされています。
NHKの子供番組の歌の作詞をしたり絵本も結構出版されています。
NHKだけでは無くてフジテレビのひらけぽんきっきの構成もされています。

高見のっぽさん才能ありありですね♪

81歳の高見のっぽさんを取材したページがありました。
なんとダンスをしています!!

朝日新聞です、
タイトルはあの頃小さかったひとたちへのっぽさんからのメッセージ⇒こちら

高見のっぽさんめちゃ元気!!

まとめ

今年で81歳になった高見のっぽさん♪
まだまだお元気です!!
ダンスも絶好調でしたね~

これからも子供に係る仕事を続けるのかな??

高見のっぽさん大好き♪

いつまでも元気でいてください♪

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>