砂川啓介さん本を出版へ!大山のぶ代さんとの介護生活の本はこちら!

dora
Pocket

おはようございます。
中の人です。
今日から東京に出張で来ていますが寒いです…
この週末は親戚の結婚式で鹿児島にいて福岡に帰ってきて寒いと思いました。
その次の日は東京にきてもっと寒い!!
なかなか日本の四季を楽しんでいるのかな 笑

さて、砂川啓介さんが奥さんの闘病生活を本にされました。
その本のタイトルはこちら。

娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代『認知症』介護日記

娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代「認知症」介護日記
砂川 啓介
双葉社
売り上げランキング: 5

そうなんです。
介護に関する本なんです。

砂川啓介さんの奥さんはドラえもんの声優をされていた『大山のぶ代』さん

わたしたち世代では超有名な声優さんなんです。

ぼく、ドラえも~ん

と、サービス精神旺盛な大山のぶ代さんがいました。

わたしの家も父と母が要介護生活です。
砂川啓介さんの事は他人事ではありません。

介護生活は一歩間違えたら家族が崩壊します。

今日は奥さんを介護している砂川啓介さんについて記事にしたいと思います。

Sponsored Link

砂川啓介さんのプロフィール

氏名:砂川 啓介(さがわ けいすけ)
本名:山下 啓一(やました けいいち)
生年月日:1937年2月12日(78歳)
出身:東京都

砂川啓介さんと大山のぶ代さんは芸能界ではおしどり夫婦で知られています。
どちらかと言えば奥さんの大山のぶ代さんが全面に出ていた感じがあります。
ドラえもんのイメージでしょうか。

テレビで審査委員をしていた大山のぶ代さんはいつもドラえもんを求められていました。

そんな大山のぶ代さんがわたしの家でまさしく起こっている介護の問題に立ち向かっていようとは…

介護は家族で行うと家族が崩壊する

わたしの家も絶賛で介護生活中です。
過去の記事を読んで貰えると嬉しいです。

やはり、介護という問題が出てくると家族全員が考えます。
一緒に住んでいる家族、結婚して独立した家族、就職して実家を離れている家族…

介護はいきなり目の前に出てきます。
全力で解決をしようとします。
ですが、その時には家族には介護の知識が無いんです。

やけど、全力で介護をしていく。

ここに家族が崩壊する要因があります。

わたしの経験では行政をうまく利用しないと家族が崩壊するんです…

Sponsored Link

認知症を理解しましょう

認知症はほっておくと症状が進んで行きます。
これまで出来ていた事が少しずつで出来なくなる。
少し前の事を忘れて同じことを繰り返してしまう。

認知行動と言われる行動が始まってしまう…

介護をしていて一番大変なのがこの認知行動です。
良く言われているのが『徘徊』でしょう。
あとは『妄想』です。

うちの父も夜に徘徊する事はありませんが昼間はご飯を食べている最中でも外(庭)に行きます。
ご飯を食べている最中に庭で片付けやパトロール??のような行動をします。
毎日です。

母がショートステイを利用していいるのですがなぜかショートステイに迎えに行ったりします。
迎えの運転手さんに激高した事もあるます。
父の中では自分を放置してほかの男と遊びに行っていると考えているようです。

わたしの家では認知症はまだ軽い方と言われていますがそれでもこんなに理解出来ない行動だらけです。

認知症の知識が無ければどうなるかわかりますよね。

まとめ

大山のぶ代さんの認知症はうちの父よりも症状が重いようです。
介護は旦那さんの砂川啓介さんとマネージャーさんが行っているようです。
もっと行政の仕組みを使えば…
とも感じました。

砂川啓介さんの出版した本を買って読んでみたいと強く思います。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>