白根尚貴内野手をDeNAが獲得へ!育成契約はどうなった?トライアウトに参加したの?

ya
Pocket

おはようございます。
中の人です。
野球のワールドカップが好調ですね~
昨日はマエケンがピッチャーで登場!!
7回を無失点の活躍です。
これで4連勝だったかな??
たぶん、優勝するでしょうね~

さて、野球の話題ですがソフトバンクを育成契約したいと思っていた白根尚貴選手がどうやらDeNAへ行く事が決まったようです。
内野手でドラフト4位でソフトバンク入りをした白根尚貴選手。
肘の故障で手術をするなどで育成選手として契約をしていたと思っていました。

今日はDeNAの支配下選手となる白根尚貴選手について記事にしたいと思います。

Sponsored Link

白根尚貴選手のプロフィール

氏名:白根 尚貴(しらね なおき)
生年月日:1993年4月28日(22歳)
身長:185センチ
体重:88キロ
出身:島根県松江市
高校:開星高等学校
スタイル:右投げ右打ち
ポジション:内野手

白根尚貴選手は高校時代はピッチャーでした。
高校時代から結構怪我で苦しんでいたようで『右肘遊離軟骨除去手術』をした事も…
高校生時代は自身の体格の良さから『ジャイアン』と呼ばれていた事も 笑

そんな白根尚貴選手ですがプロ入りしてからも怪我に悩まされ続けていました。
プロ入り1年目からトミージョン手術を受けるなどリハビリが続く毎日…
当然ですが1軍はおろか2軍でも出場機会が無く終わってしまいました。

高校生時代に無理をしてしまったからでしょうか??
良く聞くんですが甲子園で活躍した投手のほとんどが連投につぐ連投でどこか怪我をしてしまうという話。
白根尚貴選手も例外ではなかったんでしょうか。

やっとプロ入りしたけど怪我…

本人は辛かったでしょうね。

白根尚貴選手は育成選手契約を断っていました

ソフトバンク5年目となる来期は育成選手として契約をする予定だったようです。
ですが、白根尚貴選手ご本人の意向でこれを断っています。

ホークスに戻ることはありません。来年(2016年)で(プロ)5年目になるので、(ホークスに)残って育成(選手)のままで終わってしまうのであれば、トライアウトを受けた方が後悔はない

と、あくまで支配下選手になる事にこだわった結果でしょう。
トライアウトではその打撃が評価されDeNAが支配下選手として契約をする模様です。

これに対してソフトバンクの工藤監督はこう評価しています。

球団としては育成で契約してほしかったが、自分なりに決断したことだから、『そこに賭けたい』という思いがあれば、(トライアウトに)チャレンジすることは悪いとは思わない。彼(白根)にとって良い結果になればいい

トライアウトの結果は白根尚貴選手にとって良い結果になったと思います。

Sponsored Link

白根尚貴選手はツイッターをしています

sira

白根尚貴選手のツイッター⇒こちら

今回のトライアウトの件で熱い思いがつぶやかれていると思って覗いて見たらなんと2014年7月からつぶやきが無い!!
それまでは坦々と更新していたようなんですが。
残念…

つぶやきは結構楽しそうな感じです♪

まとめ

育成選手契約を断ってトライアウトにチャレンジした白根尚貴選手。
結果としてDeNAと支配下選手契約になるようです。
自身の強い思いから結果を出した白根尚貴選手は素晴らしいと思います。

DeNAで活躍する白根尚貴選手を楽しみにしています。

頑張ってくださいね!!

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>