聖家族の家に米兵サンタが来る~今年で70年も継続してるって本当?

santa

おはようございます。
中の人です。
今日はクリスマスですよ~
何か予定はありますか??
わたしは普通に今年の出張が今日で終わるのでそのまま地元に帰ります。
奥さんと食事をする予定です♪

さて、今朝もいつものルーティンでYahooニュースをチェックしています。
今朝気になったのは地方ニュースなんですが大阪のある施設に米兵がサンタさんとして訪問している事。
それが、なんと70年間も続いているという事なんです。

70年と言えば戦争が終わった年からずっと続いているという事になります。

その大阪の施設はこちら。

大阪市東住吉区にある聖家族の家です。

こちらは社会福祉法人で何らかの理由でご両親と一緒に住めなくなった子供たちがいる施設です。

今日は米兵が毎年サンタさんで訪問している大阪市東住吉区にある聖家族の家について記事にしたいと思います。

Sponsored Link

社会福祉法人とは

聖家族の家の家は社会福祉法人という会社になっています。
社会福祉法人って言葉はあまり聞きなれません。
どういった法人なのでしょうか??

wikiで調べるとこのような会社。

社会福祉法人(しゃかいふくしほうじん)とは、社会福祉事業を行うことを目的として、社会福祉法の定めるところにより設立された社会福祉法第22条で定義される公益法人をいう。法人税上では公益法人等にあたる。

出典:wiki

個人的には公益法人ってのが気になりますが…

wikiではさらにこんな事も。

障害者や高齢者などを対象とした各種福祉施設や保育園、さらには病院や診療所などの医療機関の運営主体となる。また介護福祉士や保育士を養成する専修学校を運営している法人も存在し、同一法人内の福祉施設との連携を特徴としていることがある。

出典:wiki

利益を追求しない法人ってところでしょうか。

大阪市東住吉区にある聖家族の家

ちょっと話題になっている大阪市東住吉区にある聖家族の家。
正式な法人名は『社会福祉法人 聖家族の家』
設立は1953年4月7日と歴史ある法人だと思います。

主な事業かこんな感じ。
・第一種社会福祉事業
・第二種社会福祉事業

わたしの実家は介護をしているので介護にはちょっと詳しいのですがその仕組みとちょっと似てるかな??
所在地はこちらです。

わたしは以前に仕事の関係で大阪に住んでいた事がありますが当時住んでいた住之江区と近い場所なのでちょっとビックリ。

いろんな理由があってこのような施設を利用しないと行けない子供たちがいると思います。
その理由を深く考えると…
ちょっと心が痛くなりました…

Sponsored Link

聖家族の家には毎年米兵がサンタさんとして訪問しています

Yahooニュースによると聖家族の家には米兵がサンタさんで訪問をしています。
それが今年で70年になるといいます。
戦争が終わった次の年です!!

sankei
出典:産経ニュース

毎年、米兵が2人くらい聖家族の家を訪れています。
だいたい、1週間は滞在する模様。

この聖家族の家を訪問を最初にしたのは戦後、大阪に駐屯していた『ヒュー・オライリー軍曹』
ヒュー・オライリー軍曹の事がに心が打たれました。

バラック小屋の雨漏りや冬の寒さに「目を背けることはできない」と部隊の隊員らに呼びかけ、毎月の給料から寄付するように。

先日、小学校に図書費として匿名で40数年間寄付をした方がいました。
その方にもとても感動をしたのですがその時に少し思いました。
日本人だからこんな事が出来るのかな??

ですが、わたしの考え方は間違っていた事に気が付きます。

人種は関係がないんだと…

反省ですね…

25日には隊員と子供たちでクリスマスパーティーをするようです。

25日のクリスマスパーティーでは、サンタクロースとしてプレゼントを手渡し、子供らはお礼に日本舞踊やフラダンスなどを披露することにしている。

このような事を知ると心が温まりますよね♪

まとめ

大阪市東住吉区にある聖家族の家。
いろんな理由があって子供たちが暮らしています。
そこへ毎年、米兵がこの時期に訪問をしています。

それは戦後から70年も継続されている。

1回や2回は出来ると思います。
それが70年も引き継がれている!!
わたしはこの事にとても感動をしました。

人間捨てたもんじゃないですね。

クリスマスの朝に感動を貰いました♪

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>