寒さ対策は大丈夫?窓、ドアなどの防寒対策は100均を賢く利用しましょう!!

roa0037-033
Pocket

今年の冬もめちゃくちゃ寒いですよね。
わたしは広島の芸北地方にスノーボードに行くのですがここ数年は雪不足に困ったことが無いように記憶しています。
日本海側では記録的な大雪が続いています。

わたしの家は築50年近い戸建てなのですが昔の家なので当然のように断熱材など使われていない家です。
夏は暑い!!冬は寒い!!
これが当たり前の家なんです。

高齢のお爺さん、お婆さんも住んでいますので寒さ対策は結構大変です。
オイルヒーター、石油ストーブ、ガスストーブを使って家を暖めているのですがやはり隙間風がどうしても堪えます。

ちょっとしたリフォームしないといけないと思ったのですが100均でDIYが可能と知って早速試してみました。
これが、見た目は置いといてコストパフォーマンスが最高でした!!

ぜひ、試して見てください。

Sponsored Link

まず、寒さの原因を調べましょう

部屋にはエアコンや石油ストーブ、ガスストーブなどで寒さ対策をしていると思います。
わたしの家もそうです。
でも、どこからか寒い空気が漂ってきてせっかく温まっている部屋にいても寒いと感じる事が多々あります。

そこで、どこから寒い空気(冷気)が漂ってくるのかを観察しました。

・ドアの隙間
・障子、襖の隙間
・窓ガラス
・フローリング

わたしの家では大体このような部分から寒い空気が漂っているようです。

原因がわかってくると100均を利用してどう対策をすれば良いかピンっときましたね。

家から徒歩5分に100均があるので早速材料を買いに行きました。

隙間を埋めるすきまテープ

100均にはすきまテープの幅とか厚さとか数種類ありますのでドアなどの隙間に合う物を購入しましょう。
100均のすきまテープは簡単に剥がせるので少々見た目が悪くても隙間が無くなるようなサイズを選んでドアや障子、襖に張っていきましょうね。

すきまテープを切るときはカッターと定規があると切りやすかったです。

窓ガラスは寒い空気の宝庫

窓ガラスはカーテンをしていても寒い空気が防げないようです。
うちは磨りガラスなので外が見えないといけないという事はありません。

レジャーシートで厚みのあるアルミシートを張ってみようかと考えましたがそれでは部屋の中が真っ暗になります。

そこで目に入ったのがプチプチです。

プチプチを窓ガラスのサイズに綺麗に切って透明のガムテープで張ればカナリな寒い空気をさえぎりました。

少々見た目はあれですが灯油ストーブの温度を2度下げても大丈夫になったのでエコにも貢献したことになります。

プチプチを切るのもハサミよりカッターと定規を使ったほうが作業が楽チンでした。

Sponsored Link

フローリングにカーペットだけだと寒い

フローリングの部屋に寒さ対策でカーペットを敷いてみたのですが満足いく保温効果は出なかったので試しに、窓に張ろうと思って買って置いたアルミシートをフローリングに敷いてその上からカーペットを敷くと完璧!!

満足いく保温効果が出ました。

来年の冬からはフローリングにアルミシート+カーペットが定番になりそうです。

高齢のお婆ちゃんへの気遣い

100均で買物をしている時にフリースのひざ掛けのような物を発見しました。
うちのお婆ちゃんは昔の人なので物を大切にする人です。
1、000円ほどする物でもそんな高いものはお出かけする時に…
と、なかなか使ってくれません。

そんなお婆ちゃんに100均でひざ掛けを買ってきたよ!!

と、伝えると100円でこんなに暖かいとかうれしいねぇ

と言ってよろこんで使ってくれてます。

まとめ

寒さ対策は100均で十分材料が揃います。
まずは、ドアなどの隙間対策。
次は窓ガラス、そしてフローリング。

忘れてはならないのはフリースのひざ掛けなども揃う事です。

エアコンやストーブの温度を上げる事は簡単ですが電気代や灯油代も馬鹿になりません。
100均を利用して賢く寒さ対策を行いましょう!!

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>