お金を貯める 賢いお金の貯め方、増やし方を教えます

okane
Pocket

お金に関する事。

世の中不景気と言われて随分たつと思います。
給料は増えるどころか減る減る一方で物価は上がる一方です。
消費税は8%になり数年後には10%になる事が決まってしまいました。

今の世の中でお金を貯める事や増やすことは難しくなって来てると思いますか?

いえいえそうではありません。

日本人は小学校~高校までの教育課程でお金に関する勉強をしていないのでお金に関する知識が不足しています。
真面目にお金と向き合う(勉強する)とお金が増えて行きます。

今日は簡単ではありますがお金に関して記事にしてみたいと思います。

Sponsored Link

今の日本を理解しよう

日本は全世界を見ても超借金大国です。

その額は約1、000兆円

想像もつかない金額ですよね。

会社に例えると1、000兆円の借金がある株式会社という事になると思います。
普通だとすぐに倒産すると思いませんか?

なぜ倒産しないのか?
これには理由があります。

国の借金を担保しているお金あります。
それは日本の銀行に預けてある国民の預貯金。

この預貯金を担保にして国は借金を繰り返しているからです。

預貯金 > 1、000兆円(国の借金)になっている限り財政破綻はないと言われていますがそろそろ超えてしまうのではないかと言われ続けています。

ちなみに、財政破綻が起きれば預金封鎖が行われて銀行からお金を引き出す事が出来なくなり事態の価値がものすごく下がります。
現在1ドルが118円~120円の推移になっていますが財政破綻になると予想ですが数千円、数万円、数十万円といった単位になるのではないでしょうか?

このような理由があるので日本人はお金は銀行に預けようくらいの勉強しか出来てないのです。
なぜなら日本の借金は日本人の預貯金がささえているからです。

先日、NHKで預金封鎖の特集がありました。

youtubeにアップされていたので興味があればこちらから

円安は政府の都合

円安と円高はどちらがいいですか?
円安は1ドルに対して円が高い状態で円高は1ドルに対して円が安い状況を指します。

1ドル:80円は円高(昔)
1ドル:120円は円安(今)

わたしたち日本国民からしたら円高がいいじゃないですか。
ですが、政府からしたら円安が良いのです。

なぜなら、円安になるとそれだけで日本の借金が減る事になるからです。

円の価値が下がればそれがけで国の借金が減るのです。

その恩恵がわたしたちにもあれば良いですが…

銀行の仕組み

普通預金、定期預金に限らず利息(利子)がついて来ますよね。
今の利率は0.02%とか0.01%とか超微々たる事になっていますが1年に1回くらい利息が通帳に入金されます。

利息の定義って知ってます?
ウィキペディアでは利息はお金を貸したり借りたりする事に対しての対価とあります。

銀行が預かったお金は企業や個人事業主などに融資されて運用がされている事は知っていると思いますが実は裏があります。
国債を買って運用もしています。

1、000兆円の借金がある日本の国債を買っているのです。
これって超ハイリスク、超ローリターンな投資になると思いませんか?

NHKや池上さんの番組でも日本のお金事情に関して特集があったと思います。

お金に関してこれが今の日本の現状です。

Sponsored Link

お金の貯め方

暗い話になりましたがお金の貯め方を説明します。

まず、毎月の支出を見直しします。
生命保険に入っていると思いますが医療保険以外は必要ありませんので解約しましょう。

日本で一番売れている生命保険は60歳までに死亡すると数千万円の保険金が支払われるタイプです。
60歳までに病気や事故で死亡する確率はいくらか知ってます?
数%セントです。

ほとんどの方はずっと掛け金を積み立てたにも関わらず保険金を貰う事が出来ません。
保険会社のおばちゃんは病気になったらどうするの?
と、営業してきますがならなかった時にどうなるのかは説明しません。

ならなかった確率の方がカナリ高いのにです。
ならなかった時は掛け金が戻りませんから生命保険会社に寄付したのと同じです。

だから駅前に生命保険会社のビルが建つんですよ。

後は、給料にあった生活レベルにする事です。
家賃、車など見直しをしましょう。

夫婦共働きの場合は旦那さんの給料に見合った生活レベルにして奥さんの給料は貯蓄に回す事をおススメします。


では、貯め方です。

毎月の貯金額=毎月の給料 - 貯金額 - 生活費、交際費

これだけです。

毎月の貯金額=毎月の給料 - 生活費、交際費 - 貯金額(余ったお金)

これではお金は貯まりません。

お金を貯める為には強制力がある方法にしなければダメなんです。
そして簡単には引き出せない方法です。

わたしの若い頃は後者でしていつも月末になるとお金が無い同期にお昼ご飯をごちそうしたりしてましたが彼は前者でコツコツと貯金額を増やしてました。

月末はお前ダメだな~なんて言ってご飯をごちそうしてたのですがダメなやつは実は自分だったというお笑い話です…

お金の増やし方

お金を増やす為には投資をするしかありません。
投資と言ってもいろんな種類があります。

わたしがおススメするのは毎月定額の積立式の投資信託です。
相場が上がった時も下がった時も毎月定額のお金を積み立てします。

その積立を20年、25年、30年といった長い期間で運用をします。
投資のマーケットは上がり続ける、下がり続ける事はありません。
上がったり下がったりします。

上がれば下がる、下がれば上がる。

これを繰り返しています。

20年、25年、30年積立をすれば長い期間という時間がリスクを減らしてくれます。

老後の自分年金、自分退職金という考え方です。

小渕首相時代に大幅な金融緩和が実施されて海外の金融機関の商品が自由に購入出来るようになりました。
日本の金融機関で取り扱っている投資信託と同じ商品が海外の金融機関でも購入が出来ます。

日本で購入すると日本への税金(世界一高い)+金融機関の手数料(世界一高い)を引いたお金が手元に残ります。
海外で購入すれば同じように税金+手数料が引かれますが日本より信じられないくらい安いです。

わたしはドル建で香港の金融機関で直接積立を行っています。
税金と手数料を引かれて手残りが多い方が良いからです。

元金保証はありませんが利息も6%から10%と期待出来る実績があります。

まとめ

お金は何となくでは増えない事が分かったと思います。
それは、お金を貯める、お金を増やす事を意識しなければならないから。

今から始めても大丈夫です。

来月のお金を増やすより定年退職後のお金を心配して運用をしましょう。
わたしたちが年金を受給出来る65歳までに仕組みがどうなるかわかりません。

もしかしたら受給が70歳になっているかも知れません、受給額が下がっているかも知れません。

幸せな定年退職を迎える為に今から準備をして幸せな定年退職を迎えましょう。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>