お盆玉とは??子供達へのお盆玉の相場知ってます??専用のポチ袋があるらしいですよ

poti
Pocket

出張が終わって博多ラーメンばっかり食べている中の人です。
いやー博多を満喫中です。

さて、最近気になる単語があるんですよね。

お盆玉(おぼんたま)

なんですけど。

軽く調べてみると2010年の夏頃に都内の雑貨店が「ポチ袋お盆玉」という企画を立てたところポチ袋の売れ行きが前年比で140%になったという事実があるようです。
確かに、お盆休みに実家に帰省をするとおじいちゃん、おばあちゃんが孫にお小遣いを上げてますよね。
その習慣に目をつけたマーケッターがポチ袋を販売する戦略を立てたところ見事に当たったというとこでしょうか。

これは新たな習慣が始まる予感がしています。

今日は新しい習慣になるつつあるお盆玉について記事にしたいと思います。

Sponsored Link

お盆玉とは

お盆といえば実家に帰る習慣があると思います。
わたしの家族もそうです。
結婚して家を出て行った子供が孫を連れて帰ってくるお盆休み。
おじいちゃんやおばあちゃんが楽しみにしていると思います。

わたしの家でもそうですが孫が遊びにくるとおじいちゃんとおばあちゃんの財布が超緩みます 笑
お小遣いもあげますしおもちゃなど孫がほしい物をすぐに買ってくれますからね。

これは偶然と思いますが年金が振り込まれるのは偶数月の15日。
おじいちゃん、おばあちゃんにとって給料日なので特に財布が緩むのかも知れませんね。

お盆玉の相場ってあるの??

大体、幼稚園、小学生、中学生、高校生を区切りに相場があるようです。
小さい幼稚園なら100円玉を入れると喜びますよね。
ゲームで100円玉をよく使いますからね。

小学生で3000円ほど、中学生で5000円もあれば大丈夫だと思います。

お年玉と同じで気持ちですからね。

ただし、わたしの家では親が子供にお盆玉をあげることはありません。
おじいちゃん、おばあちゃんがお盆休みに遊びに来た孫にお小遣いをあげる時にお盆玉としてポチ袋に入れて渡しています。

相場=おじいちゃん、おばあちゃんの気持ち
だと、わたしは思います。

Sponsored Link

お盆玉専用のポチ袋が発売されています

そんな習慣に目をつけた会社が2010年の夏頃にお盆玉用のポチ袋を発売したんです。
結果は大当たりで2014年からは日本郵便がお盆玉専用のポチ袋を発売しています。

日本郵便のプレス記事

夏らしいデザインですね。

アマゾンでも検索すると普通に売っています。


こちらも夏らしいデザインになっています。

これはもうイベントとして定着しているようですね。

まとめ

ここ数年で定着しつつあるお盆玉。
専用のポチ袋も発売されるようになりました。

これからの時代はお盆玉いくらもらった??
などの会話があるかも知れません。

お盆は大人たちにとっても子供、孫にとっても楽しい時間が過ごせる日本の習慣だと思います。

わたしも孫が出来たら(何十年後?? 笑)お盆玉をあげようかな…
と、遠い未来を創造してしまいました。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>