日本なまず生産株式会社が設立へ!うなぎ味のナマズってどんな味?

unagidon
Pocket

こんばんは。
中の人です。
今日は久しぶりにスポーツクラブに筋トレに行きました。
何か月ぶりかな~
覚えてないぶりです…
いつものウエイトが全然ダメダメでした。
定期的にトレーニングしないとダメですね 涙

さて、近畿大学が以前からウナギ味のナマズの開発をしてましたね。
餌を変えたりして調理方法なんでしょうけどウナギの味に近づいているというニュースがちらほらありました。
どうも実用化への道が開けているようで専門に取り扱う会社が設立されました。

その会社の名前は『日本なまず生産株式会社』です。

近畿大学もこの会社にかかわっているようです。
近畿大学によって魚の養殖の世界がどんどん変わってきていますね~

今日は新しく設立された日本なまず生産株式会社ついて記事にしたいと思います。

Sponsored Link

日本なまず生産株式会社の概要

会社名:有限会社牧原養鰻(まきはらようまん)
所在地:鹿児島県肝属郡東串良町岩弘1437
創業年月日:1973年1月1日
法人化:1994年6月15日
年間出荷量:40t
主とする業務:ウナギとナマズの養殖

場所は大隅半島ですね。

この日本なまず生産株式会社を立ち上げたのは近畿大学となまずの研究をしていた『有限会社牧原養鰻』です。
もともとはウナギの養殖をされていた会社です。
鹿児島の東串良町にあります。

鹿児島ってうなぎの養殖が盛んな地域だったんですね~
1年ほど住んでいた事があるんですが初めて知りました。

牧原養鰻がなまずの養殖を始めた理由はやはり事業拡大のようです。
うなぎを養殖するには稚魚を購入する必要があります。
稚魚がたくさん取れれば値段は安いですが少なければ価格が高騰します。

不安定事業だと言えます。

そして近畿大学と協力してまなずの養殖を始めます。
現在のなまずの養殖は実用化に向けた産業へ進化をしている模様。
実際に食べれるお店も増えて来ていますから。

わたしが思うにうなぎのかば焼きって皮がぱりっとしてるやないですか??
なまずでもその皮のぱりっと感が再現出来ているのかな??
実際に食べてみたいですね~

うなぎ味のなまずは美味しいの??

商品化されるぐらいですから美味しいと思います。
わたしは昔はブラックバス釣りをしていたのでたまーになまずを釣っていました。
なまずを釣ると独特な引きなんです。
くにゃくにゃした感じ…

なので、わたしはあまりなまずが好きでは無いんです。

ですが調べて見ると美味しいみたいですね。
刺身で食べられるお店もあるとか。

そしてうなぎの味がするなまず料理の意見を探してみたら…

客からは「ほぼウナギと同じ味。ナマズと言われないと分からない」「小骨がないので食べやすい」「まったく生臭さがない」「皮がおいしい」など予想以上の評価を得た。

こんな意見がたくさんです。

見た目はこんな感じ。
nama
出典:日経ビジネス

見た目はうなぎじゃないですか!!

こちらのブログで近畿大学のお店で試食会があった模様がリポートされています⇒こちら

この近畿大学のお店は出張先から近いので今度行ってみよう!!

Sponsored Link

うなぎ味のなまずが食べられるお店

牧原養鰻が出荷をしているお店があります。
南九州に限られますがちょっと紹介を。

熊本県:かわ専 熊本市東区佐土原1丁目12-1
宮崎県:いこいの家 宮崎県小林市出の山公園内
鹿児島県:伊勢分家いなせ 鹿児島県鹿屋市串良町岡崎3488-5

一度食べてみたいですよね~

まとめ

近畿大学がまたあらたな食材を開発しています。
それはうなぎ味のなまず。
うなぎは日本人には無くてはならないですから。

本マグロの完全養殖とか近畿大学は養殖業界では神ではないでしょうか!!

最近では飲食店を始めましたね。
近畿大学が養殖した食材を提供するお店です。

近畿大学 水産研究所は大阪と銀座にお店があります。

銀座は出張先から凄い近いんですよね。
一度行ってみようかな。

近畿大学のマグロ食べるど~

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>