ねこあつめで金にぼしの効率の良い集め方はやっぱりこれに限る!?

kinniboshi
Pocket

こんばんは。
中の人です。
久しぶりですが仕事から帰ってからウォーキングに出かけました。
ウォーキングをしたのは約1時間くらい。
本当はジョギングの予定でしたが超久しぶりだったのでウォーキングから♪
微妙に腿の裏が張ってます 笑

さて、ねこあつめどうですか??
まったりと地味にはまってます??
わたしは庭先の拡張したのでレア猫さんが遊びに来てくれるという事をしています。

先日はたてじまさん、ながぐつさんが遊びにきてくれました♪

ここまで来るのはにぼしや金にぼしを集める事が正直大変でした。
出来るだけ早くにぼしや金にぼしを集める方法でやってきたんです。
ですが、わたしは元々がせっかちな方でこのようなゲームも早くコンプリートしたい派なんです 笑

そうなるとやっぱりあの技を使わないとダメですかね~

今日はねこあつめで金にぼしを最短でゲットする裏技について記事にしたいと思います。

Sponsored Link

金にぼしを地味に貯める方法はこんな感じです

このブログにも書いたと思いますがにぼしや金にぼしを地味に貯める方法があります。

遊びに来てくれる猫さんの数を増やすという内容です。

にぼし500で購入出来るアスレチックタワーを買って設置するんです。
アスレチックタワーを設置するとこれまで5匹の猫さんが同時に遊びに来てくれてましたが最大で9匹の猫さんが来てくれるんです。
そうなるとお礼にぼしも増えてくるのでにぼし500を金にぼし10に交換して金にぼしを地味に貯めている方法です。

にぼし500はアスレチックタワーを設置すれば3日ほどねこあつめをしていれば貯まりますからね。
それを地味に繰り返して行くと金にぼしが地味に貯まっていくという方法です。

わたしはこの方法で地味に金にぼしを貯めて庭先を拡張しましたよ♪

Sponsored Link

金にぼしを早く貯めたいなら買うしかない

わたしは金にぼしを地味に貯めて庭先を拡張しました。
1週間から2週間の間でしたか??
googleで検索するとまあ平均的かな??
と、いう感じです。

ですが中には1週間もたたなくて庭先を拡張したり2,3日で庭先を拡張されている方がいます。
その方が行っている方法がこれ!!

金にぼしを買う事!!

です。

Screenshot_2016-05-30-06-18-54

1,2回買うのはたいした出費じゃないと思いますが連続して買うとお小遣いが減っちゃう…
てな事になると思います。

こんな時に利用するのがやはりポイントサイトでしょう!!

知っている方もたくさんいると思います。
このポイントサイトは随分と昔からあるのですがスマホが登場してから爆発的に増えて来ています。
サービスも多様化していますし利用者も相当数増えています。
わたしもいろんなサービスを利用しています。

わたしは公共料金、普段の買い物、仕事の出張費はジャルカードで全て決済をしています。
JALのマイレージが貯まるので特典航空券を利用してたまに奥さんと飛行機でお出かけします。

奥さんは楽天カードです。
自分で買い物をする時に利用して楽天ポイントを貯めています。
わたしに内緒の買い物をする時は楽天ポイントで買っているようです 笑
たまにちょっと高そうなお肉ととか食卓に乗ったりする時も貯まった楽天ポイントで買い物してくれてます♪

そしてゲームの課金を利用するのがポイントインカムです。
スマホから利用できるので仕事の移動時間とか通勤時間に利用してます。
アプリをダウンロードするだけでポイントが貯まるので重宝しています。

それとここだけの話しですがポイントインカムでクレジットカードを作ると半端ないポイントが貰えます。
10000万ポイントとかくれるとこありますからね。
ぜひ1枚は作ってサブのクレジットカードとして利用しましょう。

まとめ

金にぼしを素早く貯める方法でした。
ポイントサイトを利用するという事です。
もうこの裏技ちっくな方法はみなさん知ってるかな??

ポイントサイトは馬鹿に出来ないくらいのサービスレベルになってきているので使って無かったらぜひ利用しましょう。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>