ジンエアーはこんな会社!半ドアで飛行してしまった?怪我人はいない?

jin

おはようござます。
中の人です。
年始年末で観光バスとかの炎上があっていますね。
それの1件とかじゃなくて数件あっている模様です。
そんなに古い感じの観光バスじゃないですけどね~
幸いにも怪我人などいないので良かったですけど。
整備は万全に!!

さて、ちょっと怖い事があっています。
韓国のLCCのジンエアーが半ドアで飛行をしたようです。
LCCと言えば世界中で増えている飛行機で格安を売りにしています。

その為ですがいろんな場面でコストカットをしています。
安ければ良いという顧客をターゲットにしている訳ですが機体の整備や安全確認などにコストカットをしている??
と、思われる事故ですからね。

いったいどんな会社なのでしょうか??

今日は半ドアで飛行をしてしまったジンエアーについて記事にしたいと思います。

Sponsored Link

ジンエアーの概要

ジンエアーは韓国の大韓航空の子会社ですね。
大韓航空と言えば役員がビーナッツで問題を起こした会社だったかな??

設立:2007年12月
機材:11機
就航:15都市
本社:韓国のソウル

機材はこれ。
jina
出典:wiki

元々はエアコリアとして就航をしていました。
2008年に現在の社名のジンエアー(JinAir)に社名変更をしています。

日本への運行は関西空港(1日3便)、福岡空港(1日3便)、新千歳空港(週5便 月・水・木・土・日)、長崎(週3便 水・金・日)、沖縄(1日1便)です。

ジンエアーのサービスで面白いのは機内食を提供しているとこ。
LCCは飲み物、機内食は有料ですからね。
どんな機内食かは不明ですがこれはうれしいサービスですね♪

半ドアで飛行した路線

ジンエアーが半ドアで飛行してしまったのはセブ国際空港を発着した時。
ニュースによると手の指が入るほどの隙間があったといいます。
しかも、気が付いたのは飛行して30分どたってから…

これはちょっと怖いですね~
指が入るほどの隙間って飛行機で言えばカナリ大きな隙間だと思うのですが。
ドアを閉める時に気が付かないんですかね~

わたしは良く飛行機になりますがどの航空会社でもドアを閉める時はカナリ注意している感じです。
機体の整備うんぬんじゃなくて客室乗務員の安全意識はどうなっているんでしょうか。
ありえないミスですね!!

韓国のLCCは最近はトラブルが続いています。
韓国のLCCに乗るのはちょっと怖いですね。

Sponsored Link

ジンエアーの料金など

ジンエアーの料金帯を調べて見ました。
福岡空港と仁川空港の価格です。

ジンエアーの予約サイトで調べたんですがサイトが使いにくい!!
表示が一部ハングルだったり良くエラーが出るし。

調べた価格帯は14,000円~23,000円くらいでしょうか。
曜日によって価格が変わっています。
安い感じはしないかな??

もう就航はありませんが北九州空港と釜山をスターフライヤーが就航をしていましたが日によっては一万円以下で行けました。
たしか、往復でも10,000円を切る日があったと記憶をしています。

値段的にはちょっと期待外れといったとこでしょうか。

まとめ

半ドアで飛行してしまったジンエアー。
ちょっとありえないミスですね。
これによって韓国全体のLCCに対して指導が入っている模様です。

コストをカットする事は良い事とは思います。
ですが、安全に関するサービスまでコストカットしているのかな??
とも、思われます。

韓国のLCCは事故が続いているので全体で改善してほしいですね。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>