イリオモテヤマネコの交通事故対策が話題!西表島は猫が優先です 笑

iri

こんにちは。
中の人です。
三連休の最終日ですがいかがお過ごしですか??
わたしは久しぶりに10キロほどのジョギングをしてきました。
約2か月ぶりだったので足がだるだるです 笑
筋肉痛もありますね~
ですが、走るとスッキリしていいですね。
やはり、定期的な運動は必要だと思います♪

さて、西表島の猫がちょっと話題になっていますね。
西表島に100匹ほどしか生息をしていないと言われているイリオモテヤマネコ。
西表島ではイリオモテヤマネコを保護する活動の一環で交通事故から守る活動があります。

西表島ではイリオモテヤマネコの事故があるようなんです。
一度、西表島に行った事がありますが車がほとんど通っていません 笑
それでも、交通事故が発生してしまうようなんです。

確率で言えば高確率だと思います。

今日は西表島のイリオモテヤマネコの交通事故対策に関心をしたので記事にしたいと思います。

Sponsored Link

イリオモテヤマネコの概要など

ちょっとイリオモテヤマネコを振り返ってみましょうか。
剥製ですが姿はこんな感じ。
irineko
出典:wiki

西表島に住んでいる人たちからは山に猫がいると昔から言われていたようです。
イリオモテヤマネコを発見したのは戸川幸夫、学会に発表をしたのが今泉吉典さん。
今泉さんは国立科学博物館動物部長をされていた方です。

1960年代くらいからイリオモテヤマネコの生体を学者さんたちが調べ始めているようです。
現在も100匹ほどしか生息していないだろうと言われていますが当時もそれくらい??
と、推測をされていた模様。

いろいろ調べたのですが難しい事ばかりだったので知りたい方は⇒こちらから

Sponsored Link

西表島はイリオモテヤマネコが優先です

現在でも100匹ほどしか生息していないと言われていますがそれでも年に数回交通事故にあってしまうイリオモテヤマネコがいるそうです。
西表島の住民はイリオモテヤマネコを守る取り組みをしています。
まずは、交通事故対策。

西表島の道路にはこのような看板やゼブラゾーンがあります。
まずは、看板から。

こちらは島内に結構あるようです。
iri1
出典:wiki

これは目撃情報があった場所に設置されている看板。
iri2
出典:wiki

目撃情報があった場所付近などの道路がゼブラゾーンになっています。
車が通ると音がするのでイリオモテヤマネコに警戒をしてもらう意味があるようです。
iri3
出典:wiki

あと、イリオモテヤマネコ専用のアンダーパスが設置されている場所もあるようです。
監視カメラでイリオモテヤマネコが通る姿が写っていたので効果があったんですね。

よかったよかった♪

まとめ

わたしは一度だけ西表島に行った事があります。
観光なんですけどその時はカヌーに乗って川を上って言って滝を目指して山歩きをしました。
イリオモテヤマネコに会えるかな??
と、淡い気持ちがありましたけど当然ですが会えません 笑

島に住んでいる方でも1年に1度イリオモテヤマネコを見ればいい方なので…

しかし、西表島の取り組みには感心しますね。
守られている感じがします。

今度、西表島に行った時は島を1周してみようかな♪
問題はいつ行くかやけど 笑

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>