一広とはこんな会社!普通のタオルに今治タオルの印を付けちゃった…

taoru
Pocket

こんにちは。
中の人です。
そろそろ2015年も終わりですね~
どんな年でしたか??
わたしは今年は出張が非常に多くて東京に単身でいる事が多い年でした。
いつもは家族とワイワイしていますが1人はちょっとさびしいですね…
来年は出張が無い予定なので家族と一緒に過ごせたらいいなと思ってます♪

さて、偽装と言いますがちょっとした出来事が発生しています。
今治タオルってご存知ですか??
愛媛県今治市が産地の高級タオルなんですが製造するには認定制度があるんです。

その、認定を受けていないタオルを今治タオルとして生産していた会社が出てきました。

一広株式会社

記者会見では社長さんと思いますが涙の会見をしていましたね。
なぜ、このような事が起きてしまったのか。
食品の偽装もそうですが、このような事はなかなか無くならないなぁ~

と、思ってしまいました。

今日は今治タイルの偽装をしてしまった一広株式会社について記事にしたいと思います。

Sponsored Link

一広株式会社の概要

社名:一広株式会社(いちひろかぶしきかいしゃ)
所在地:愛媛県今治市八町西4-1-6
代表取締役:越智 逸宏
創業:1974年1月4日
年商:100億円
従業員:155名

所在地の地図はここ。

一広株式会社は主にタオルを生産している会社です。
タオルだけで年商100億とは信じられないですけど。
すげー…

タオル美術館iCHIHIROも運営しているんですか??
美術館は主にタオルに関する展示ですか??
四国の物産展もありますね。

現在は特別展でムーミンを展示しています。

タオル美術館iCHIHIROのホームページ⇒こちら

入場料金は大人:800円、中学生:600円、小学生:400円となっています。
まあ、リーズナブルな入場料金ですか。

地図はこちら。

そんなに入場者もいないようですが商売として成り立っているのかな??
もしかしたら、本業である一広株式会社の税金対策??

タオルって儲かるんだなー
そんな印象です。

今治タオルとは

タオルブランドの今治タオル。
認定を受けないと今治タオルとして販売は出来ません。
その認定を受け付けをしている団体があります。

四国タオル工業組合

この組織が今治タオルを認定しておるようです。
この団体のホームページ⇒こちら

今治タオルのブランドを使用する時はこの組合に届け出を出して認定を受けます。

認定するには結構こまかい試験に合格しないとダメなようです。

吸水性、脱毛率、パイル保持性、耐光、洗濯、汗、摩擦、引張強さ、破裂強さ、寸法変化率、メロー巻き部分の滑脱抵抗力、遊離、ホルムアルデヒド

これの基準に合格する必要があるようです。
わたしは全然専門外なので何の事を言っているのかはさっぱりですが…

一広株式会社が公式に発表したメッセージなど

一広株式会社のホームページに今回の出来事に関してメッセージがありました。

・今治タオルブランド未認定商品販売についてのお詫び ⇒こちら
このメッセージは事実を淡々と説明をしているだけですね。
申し訳なかったと。
再発の防止も頑張ります。
的なメッセージです。

・今治タオルブランド未認定商品の商品名等についてのお知らせ ⇒こちら
こちらは今治タオルの認定を受けていなくて発売をしてしまったタオルの詳細が写真付きで紹介されています。
約20種類あるようです。
店頭からは回収をしていて実際に購入してしまったお客さんの案内もあります。

どちらも土日祝日、年始年末は除くとありますがこれってどうなの??
他人事のような感じがしましたけど。
本気で反省をしているのかな??

そして、四国タオル工業組合のホームページにもメッセージがありました。
四国タオル工業組合は詳細に起こってしまった出来事を説明をしています。
一広株式会社とは対照的です。

ん~、、、
タオル業界って実はブラックなのか??

Sponsored Link

一広株式会社がやってしまった事に対する口コミ

ごもっともな意見で。

確信犯のような気もしますけど。

ある意味詐欺だよね。

どれだけ儲かったんでしょうね。

わたしも一広株式会社の説明には納得がいかない。

まとめ

またもや起こってしまった偽装問題。
このような事ってなくならないですね~
なぜ、偽装をするかと言えば企業側が儲かるからでしょう。
自分の利益しか考えていないんです!!

これは詐欺ではないかと思いますが。

一広株式会社の信用は落ちて行くと思います。
今治タオルのブランドも影響を受けると思います。

溜息しかでませんね…

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>