河内藤園の見頃はいつ?アクセスは?世界中で話題の絶景はこちら

fuji
Pocket

今年の母の日は母が好きな馬刺しをお取り寄せして家族で食べようと企てている中の人です。

さて、わたしの住んでいる北九州に世界中で話題になっている絶景ポイントがある事がわかりました。
それを知ったきっかけがこれ。

20150321_124200

コンビニで何気に本を見ていた時に目についた本です。
そろそろ春真っ盛りになるので面白そうだなーと。

そしてページをめくっていくとものすごい景色の写真がページ一杯に広がっています。

それが河内藤園です。

うちから車で30分も掛かりません。

そんな近い所に世界中が話題にしている絶景ポイントがあろうとは!!

今日は世界中が話題にしている絶景ポイントの河内藤園について記事にしてみたいと思います。

Sponsored Link

河内藤園とは?

河内藤園は北九州の河内貯水池の東に位置する藤の私営の藤園です。
春の藤と秋の紅葉の時期にしか入園する事が出来ません。

樋口正男さんが個人で1977年に開園。
開園時間:9時~18時
休みは無し(藤が咲いている時期のみ開園)
料金:1、000円(但し、藤の咲き具合で変動あり)

シーズンになると100本を超える藤が咲き乱れます。
2012年頃にインターネットを通じて海外のウェブサイトに紹介されました。
そのおかげで実在する世界の美しい場所10に選出されています。

Twitterやfacebookで世界中に拡散されているようです。

河内藤園へのアクセス

河内藤園は河内貯水池の西側に位置しています。
アクセスは主に車で行くことになりますが八幡西区側からのアクセス、八幡東区側からのアクセスの2パターンがあります。

八幡西区側からのアクセスは八幡ICを降りて黒崎への出口に行きます。
信号を右に曲がる事3分ほどで畑貯水池入口がありますので右折します。

道なりに山道をくねくね進んで行くと河内藤園の看板があります。

八幡東区側では河内貯水池入口を左折して山道をくねくね進んで行くと同じように河内藤園の看板があります。

駐車場が120台ほど止められますがシーズンは車でいっぱいなのでバスで行くという事も出来ます。
JR八幡駅から西鉄バス田代行き(56)に乗れば大丈夫ですが本数が少ないので西鉄バスのホームページで事前に調べていく事をおススメします。

4月末からゴールデンウィークは駐車場が凄く混むと思いますので早めに行く事をおススメします。

Sponsored Link

河内藤園の見頃

河内藤園の見頃は藤の見頃なので4月下旬から始まって大体5月中旬くらいが一番の見頃です。
入園料金は藤の見頃で変化する面白い仕組みがあって最低が300円、最高が1、000円と変化します。

一番の見頃は年によって変化はしますが5月のゴールデンウィークが一番いいでしょう。
この時期は1、000円の入園料になりますが1、000円以上の価値があります。

藤のトンネル
fujito

fujiton

めちゃくちゃ幻想的でしょう。

これが河内藤園なんです。
世界の美しい場所10に選出された理由も良く理解出来ます。

まとめ

わたしの家からすぐ近くにこんな絶景があるとは思いませんでした。
もうすぐシーズンインしますので人も多くなってくると思います。

駐車場は120台ほど
ゴールデンウィークは朝早く行って開園を待つくらいがちょうど良いと思います。

西鉄バスで行く時はJR八幡駅発ですが本数が少ないので必ず時刻表を調べてから行くように心がけましょうね。

ぜひ、北九州の河内藤園に遊びに行きましょう。

4月18日追記
まだ、藤は咲いていませんでした。
係りの方によると後1週間か10日くらいでしょうか。
と、言われていました。

次は4月29日の昭和の日に行く予定です。

4月26日追記
藤の花が咲き始めていますがもう少しというとこですね。
7分咲きほどで料金は800円でした。

4月29日の昭和の日に行く予定なので行けたら追記します。

4月29日追記
行って来ましたよ。
ブログも更新しました⇒河内藤園2015年 もう見頃ですよ!!入場料金もMAX1,000円になってました

フォローする

Sponsored Link

コメント

  1. ナタリー より:

    5月9日行く予定なので、4月29日の報告待ちます!

    • ono1025 より:

      ナタリーさん

      中の人です、おはようございます。

      4月29日の結果を待っててくださいね♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>