カロリー制限と糖質制限はどっちが痩せると思いますか?

daiet
Pocket

糖質制限中の中の人です。

わたしは身長が175センチです。
学生の頃はいくら食べても太らなかったので社会人になっても太らない自信がありました。

それは見事な勘違いで社会人になる前は58キロでしたが26歳で78キロまで太ってしまいました。
当時に流行っていたダイエットがギムネマというタブレットを飲むと余分な脂分を包み込んで排泄するという物とサニーヘルスが発売していたマイクロダイエットです。

マイクロダイエットは今では当たり前に発売されている置き換えダイエットの元祖ですね。
晩御飯の代わりにマイクロダイエットを飲んで一か月ほどで8キロほど減量した記憶があります。

それ以来、ちょっと油断すると太ってしまってまた減量してを何回か繰り返しています。
減量する方法はその時代に流行っていた事を実践していたと思います。

数回の減量を繰り返して理解が出来た事があります。

今日は体重を減らす為のダイエット方法について記事にしたいと思います。

Sponsored Link

ダイエットを成功する為に理解をする事

ダイエットを成功する為に理解をしてほしい事があります。

体重を減らす為に大切なのは摂取するカロリーを減らすのか糖質を減らすのか…
この2点を基本と考えましょう。

カロリーを減らす為には3食の食事量を減らす事が基本になります。
・ご飯を半分に減らす。
・おかずを半分に減らす。

など。

想像がつくと思いますがカロリーを減らすダイエット方法はお腹が減ります…
常に空腹と戦わないといけないという事です。

糖質制限では食べる食品に制限がありますが基本はお腹いっぱい食べても大丈夫です。
焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は飲めます。

ご飯、麺類など主食になる食べ物がNGなのでご飯を食べたという満足感がイマイチなのは辛い所だとわたしは思います。

カロリー制限、糖質制限はどちらもメリット、デメリットがありますが本質を理解してダイエットに取り組めば成功するのではないかと思います。

カロリー制限ダイエットを行うには

カロリー制限で有名なダイエット方法は『置換えダイエット』です。
3食のうち1食または2食を置換えダイエット食に置き換える事が基本です。

有名なのはDHCのプロテインダイエット。

女芸人の友近やハイキングウォーキングのQ太郎、南海キャンディーズの山ちゃん、山崎邦正が実践したダイエット法です。

DHCの置換えダイエットは今まではプロテインダイエットだけでしたが最近ではリゾット、スープパスタ、ダイエットケーキなどがあり飽きる事もなさそうです。

わたしが数十年前にサニーヘルスから発売されていたマイクロダイエットを実践した時には味は数種類ありましたがプロテインなので飽きるんですね。

今でこそプロテインは飲みやすくなりましたが当時のプロテインは不味い…
非常に辛かった思い出があります。

時代も変わって置換えダイエット食も各社美味しくなっているので楽しみながら置換えダイエットが出来ますね。

実践方法は夕食を置換えダイエット食にしてウォーキングなどの軽い運動をしていれば一ヶ月で6キロ8キロはダイエット出来るのではないかと思います。

わたしは3週間で8キロダイエットした記憶があります。

Sponsored Link

豆乳クッキーもおススメです

プロテインに抵抗がある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
プロテインと言えばむっきむきのボディービルダーが愛用するもの…

なんて感じですかね。
まあ、間違いではないのですが。

豆乳クッキーはロングラン商品で今でも楽天市場などで売れ筋商品のようです。
甘みもそんなに強いわけではありませんので男性にもおススメと思います。

DHCのプロテインダイエットと同様に夕食の変わりに食べるだけでOKです。

まとめ

カロリー制限は置換えダイエットをする事によって手軽に始められます。
カロリー制限のデメリットと言えば『空腹と戦う』でしょうか。

空腹に関してはいつもより水分を取ることで改善はされるのですが初めのうちはつらいかも知れません。
ですが、体重が減って行くとその空腹も心地よくなるんです。

そうすればさらに体重が減って行くので体重計に乗るのが楽しみになっていきますよ。

元通りに食べてしまうと確実にリバウンドをしてしまうので目標の体重になったら食生活の見直しもしたい所です。

カロリー制限と糖質制限はダイエットという目的は同じですがメリット、デメリットが違うのでどちらか自分にあう方法を選んでダイエットを頑張ってください。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>