北島寿典さんびわ湖毎日マラソン2016で日本人1位に!柏原くん出場してる!川内優輝さんどうなか?

biwa

こんにちは。
中の人です。
これまで住んでいた北九州市から勤めている会社がある福岡市に引っ越しをしてきました。
築37年の古いマンションなのですが大家さんがフローリング、クロス、トイレ、お風呂を綺麗にリフォームをしてくれたので快適です♪
家具と家電も新しく購入したので新築に引っ越しをした感じで気に入りました!!

さて、今年最後のリオ五輪選考レースであるびわ湖毎日マラソンが開催されました。
わたしが注目をしているはやはり川内優輝さんですね~
ですが、今シーズンは怪我などをして調子が出ていません。

本人いわくリオ五輪は諦めていて次に開催される世界陸上を目指しているそうです。
まだ、29歳ですから東京五輪でも十分に戦えると思うのでそこを目指してほしいですけどね。
さあ、びわ湖毎日マラソンはどうなるでしょうか!!

今日は最後のリオ五輪選考レースのびわ湖毎日マラソン2016年について記事にしたいと思います。

Sponsored Link

びわ湖毎日マラソン2016のわたしが注目をしている選手

リオ五輪選考レースとあってわたしが注目をしている選手が何人か出場をしています。
わたし的に注目度ナンバー1はやはり川内優輝さん!!
今シーズンは怪我に苦しんでいてリオ五輪は諦めていると本人は言っていますがやはりここは頑張ってほしい所です。

ですが、17キロを過ぎたあたりから表情が険しくなってきて徐々に遅れて来ました。
この時間では先頭が35キロを過ぎていますが川内優輝さんの姿はテレビにはもう映っていません…
日本人1位に絡むかなと密かに思っていたんですがやはり怪我の状態は芳しくないようです。
残念…

次に注目をしている選手は中本健太郎さん。
うちの奥さんと同じ下関の出身選手で北九州市八幡西区の安川電機に所属をしている選手。
わたしの地元も北九州市の八幡西区なのでいつも応援をしている選手です。
30キロ付近くらいまで日本人の先頭集団にいましたが徐々に遅れて来ました。
中本健太郎さんはびわ湖毎日マラソンの常連なので最後まで食いついていくと思ってましたが今回は残念です。

そして、柏原竜二さん。
箱根では山の神と言われていた柏原竜二さんですが今回のマラソンはどうでしょうか??
本人いわく35キロ付近までは先頭集団に食いついて行くとの事でしたが20キロを過ぎたあたりから徐々に遅れてきています。
今回が2回目のフルマラソンですが本人が思っていた展開にはならなかったようです。
こちらも残念…

Sponsored Link

日本人1位になったのは安川電機の北島寿典さん

びわ湖毎日マラソン2016で日本人1位になったのは安川電機に所属をしている北島寿典さん!!
氏名:北島寿典(きたじま ひさのり)
生年月日:1984年10月16日(32歳)
高校:中央高校
大学:東洋大学
所属:安川電機

北島寿典さんのこれまでのフルマラソンのベストは2時間12分28秒です。
注目を集めている選手では無いと思います。
ですが、今回のびわ湖毎日マラソンでの後半の粘りは凄すぎました!!

特に40キロを過ぎたあたりから4位を走っていましたが石川末広さんを抜き、ゴール手前ではシンブを抜きました!!
ゴールではガッツポーズが印象的でしたね~
タイムは2時間9分16秒でトップのロティチとの差は5秒…

もう少し手前からペースを上げていればもしかしたらトップでゴールしていたかも知れません。

レース展開からしてもリオ五輪は決定でしょう!!

まとめ

リオ五輪選考レースも終わりました。
福岡国際マラソンの結果
・佐々木悟(2時間8分56秒)
・高田千春(2時間10分55秒)
・大塚良軌(2時間12分46秒)

東京マラソンの結果
・高宮祐樹(2時間10分57秒)
・下田裕太(2時間11分34秒)
・一色恭志(2時間11分45秒)

びわ湖毎日マラソンの結果
・北島寿典(2時間9分16秒)
・石川末広(2時間9分25秒)
・深津卓也(2時間9分31秒)

これらのタイムとレース展開で選手が選ばれます。
びわ湖毎日マラソンのレース展開も面白かったし、青山学院大学の下田さん、一色さんも面白いと思います。

もう少しすれば発表になるでしょう!!

誰が選ばれるか非常に楽しみですね。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>