馬刺し!!熊本の菅乃屋でお取り寄せをしました

20150228_180746
Pocket

わたしは神奈川に姉家族が住んでいます。
金曜日に出張に行く時は土日は姉の家にお邪魔をして甥っ子と遊んでいます。

小学校2年生と中学1年生の甥っ子がいるんです。

いつものようにネットサーフィンをしていると馬刺しの広告が目に付きました。
来週に東京出張があって姉家族の家にお邪魔する事になっていたので馬刺しをネットでお取り寄せをして甥っ子と一緒に食べようと考えました。

どこの馬刺しが美味しいか口コミを調べていると良さげなお店がありました。

熊本に本社がある菅乃屋というお店です。
千興ファームという牧場が経営している直営店のようです。

甥っ子たちも生まれて初めて食べる馬刺しを喜んでくれるかな?
など、思いながら菅乃屋のサイトで馬刺しを購入しました。

今日は甥っ子たちが生まれて初めて食べる馬刺しについて記事にしてみたいと思います。

Sponsored Link

馬刺しを買ったのは熊本の菅乃屋

わたしが馬刺しを購入した菅乃屋のサイトはこちら

菅乃屋のサイトを見ていると美味しそうなメニューがたくさんあります。
甥っ子たちが喜んで食べてくれるとこを想像しながらサイトを見ました。

やっぱり赤身のうまさがいいかな、コウネの脂身がいいかな..
なんて想像しながら菅乃屋のサイトを隅々まで見ました。

菅乃屋のサイトでは売上ベスト10があってどれにしようか悩みます。
初めての馬刺しなので赤身、ロース、トロなどいろんな部位を食べさせてあげたくなりました。

わたしが注文したのはです。

値段は6、480円(税込)
可愛い甥っ子に食べさせたくておじさん頑張りました!!

のセット内容はトロ、ロース、赤身、コウネです。
わたしが甥っ子に食べてほしい部位が満載です。

馬刺しは切った状態では無くて部位で真空パックされて冷凍で届くとの事。
菅乃屋のサイトではお届け日の指定も出来たのですが直近の日付指定は出来ないようです。
注文する時は1週間前には済ませておいた方が良いようです。

姉にも甥っ子にも馬刺しが届く事は内緒で出張に出かけたのでした 笑

出張ついでに姉の家にお邪魔しました

出張は月曜からなので金曜の夕方には終わります。
仕事が終わってから姉の家に17時くらいに着きました。

馬刺しは届く時間していをしていて18時から20時の間に着くように手配をしています。
19時くらいになってピンポーン!!

お、馬刺しが到着したよ!!

甥っ子たちが馬刺し~~~???
不思議がっています。

食べた事ある?
と、聞いたら案の定食べたことな~~いい!!

おじさんはにやり…

冷凍で届いてるので明日の晩御飯で馬刺しを食べようか?

食べる~~!!

甥っ子もノリノリでおじさん超うれしいです。

Sponsored Link

甥っ子たちの生まれて初めての馬刺し

土曜日は甥っ子をつれて横浜観光をしました。
新横浜ラーメン博物館でラーメンを食べて中華街にあるチキンラーメンのおやつファクトリーにいったりしました。

そして、帰宅してお待ちかねの馬刺しパーティー!!

馬刺しは冷凍で届くので解凍しないといけません。
真空パックで届いているのでボールに水をはって溶かします。

大体、20分くらいでしょうか少し柔らかくなってきた感じになりました。
半解凍になった感じで真空パックから取り出します。

あとは、切ってお皿に盛るだけです。
半解凍なので切りやすかったですがちょっと色が黒ずんでいます。

皿に盛りつけをしているとどんどん鮮やかな馬刺しになって行きます!!

わたし自己流に盛り付けをした馬刺しはこれ↓
20150228_180746
ハイドーン!!

アップで写真撮りすぎですね…

甥っ子たちも最初は恐る恐る馬刺しを食べていましたがお兄ちゃんがバクバク、弟もバクバク、ママさんもバクバク、パパさんもバクバク、わたしも負けないようにバクバク…

直ぐ無くなりました。

甥っ子たちの馬刺し美味し~~!!
また食べたい~~!!

に、おじさん感無量です。

まとめ

わたしは子供がいないので甥っ子が可愛いです。
中学1年生と小学校2年生の甥っ子にいろんな経験をしてほしいと思っています。

そんな中、目に留まった馬刺し。
甥っ子は関東に住んでいるので馬刺しを食べる機会はなかなか無いと思います。

菅乃屋のHPにたどり着けたのも良かったです。

馬刺しを食べたくなったら菅乃屋で通販しようと思います。

次は甥っ子になにを経験してもらうか考えるのもおじさんの楽しみです。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>