振込手数料が無料!! ゆうちょ?りそな?三井住友?さてどこの銀行でしょう

7
Pocket

他行への振込手数料は銀行によってまちまちですがみなさんはどんな基準で銀行を選んでいますか?
・家から近いから
・会社から近いから
・何となくゆうちょ
・会社の給与振込口座が指定している銀行だから

など、いろいろな理由があります。

時間外手数料は基本100円+消費税、土日祝日は200円+消費税。
わたしたちが銀行を利用してその他の手数料と言えばやはり振込手数料でしょうか?

生活をするうえで他行に振込をする事は多々あります。
1回当たりの振込手数料は数十円から数百円と小さな金額ですが何回も他行への振込をすれば塵も積もってきます。

現在はインフラが整っていて銀行に行かなくてもネットバンクを利用すれば他行への振込手数料が無料の銀行があるんですよ。

Sponsored Link

振込手数料を最初に無料にした新生銀行

新生銀行が最初に他行への振込手数料を無料にしました。
他しか2005年くらいだったと思います。
新生パワーダイレクト(ネットバンキング)利用者に限りますが当時は無制限で振込手数料が無料でした。
多分、振込手数料を無限に無料にする事で顧客を獲得していたと思われます。

それから回数制限が出来てきて現在では以下のようになっています。
・新生プラチナ:月に10回まで無料
・新生ゴールド:月に5回まで無料
・新生スタンダード:月に1回まで無料

*新生プラチナ
月刊平均残高:2、000万以上
月10回を超えると1回当たり103円(税込)

*新生ゴールド
月刊平均残高:200万以上
月5回を超えると1回当たり206円(税込)

*新生スタンダード
上記以外の方
月5回を超えると1回当たり308円(税込)

と、なっていますので通常は新生スタンダードになるでしょう。

住信SBIネット銀行

次は住信SBIネット銀行です。
新生銀行と違ってネット銀行なので実店舗がありません。

ネット以外ではイオン銀行、セブン銀行などで利用が可能です。

気になる振込手数料は月3回まで無料で4回目からは154円(税込)になっています。

新生銀行と違って口座残高による回数の違いはありません。

Sponsored Link

オリックス銀行

オリックス銀行の振込手数料は月2回までが無料で3回目からは432円になっています。
但し書きがありまして楽天銀行は手数料無料が対象外となっています。

楽天銀行は利用者がたくさんいるのでちょっと不便かも知れませんね。

その他の銀行は諸条件がややこしい

大和ネクスト銀行、野村信託銀行なども月に何回か振込手数料が無料とありますが系列の証券会社に口座がある事、ジャパンネット銀行は残高が3、000万を超えている事など普通の人からしたらありえない事が多いので対象外と考えて良いでしょう。

まとめ

振込手数料が無料という観点かわ言えば一番おススメするのは住信SBIネット銀行、二番目に新生銀行だと判断しました。
回数を超えた手数料も住信SBIネット銀行のが安いですからね。

わたしは2005年ほどに新生銀行の口座を開設しているので今のメイン銀行は新生銀行です。
当時は株をやっていて振込手数料無料が大変重宝した記憶があります。

銀行はいろんな特色がありますので各個人の使い勝手の良い銀行口座を持ちましょう。

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>