青春18きっぷ2015年の値段は??金券ショップで買ったほうが良い??それともヤフオクがお得??

18

毎週、火曜日にローソンのロッピーでを買っています中の人です。
一口300円を3口買ってます。
いやー夢ですよ夢。

さて、そろそろ夏休みも近づいて来ていますが夏休みの計画は立ててますか??
社会人なのでそんなにまとまった休みは取れませんよね~
学生の時は一ヶ月半くらい夏休みがあるのでたまにリュックに寝袋を入れてふら~と出かけたものです。

学生ですから当然お金はありません!!
車もバイクも無いので移動する時はJRなどの公共交通機関です。

思い出しますよね~
青春18きっぷを片手に鈍行列車でいろんな所にいった事を…
ふと、思って調べると青春18きっぷはまだ現役で発売されているではありませんか!!

今日はわたしの青春の思い出の青春18きっぷについて記事にしたいと思います。

Sponsored Link

青春18きっぷのおさらい

わたしが青春18きっぷを最後に使ったのが高校2年生の夏休みですからかれこれ30年ほど前になります。
青春18きっぷは歴史が相当長いんですよ。

日本国有鉄道(国鉄)旅客局が、増収策の一環として企画し、1982年(昭和57年)3月1日に「青春18のびのびきっぷ」として発売を開始。1983年春季発売分から現名称に改称した。
主に学生などの春季・夏季・冬季休暇期間を利用期間として発売され、原則として新幹線・特急・急行を除く旅客鉄道会社全線の普通列車・快速列車など、運賃のみで乗車できる列車に乗車することができる。

wikiから引用

国鉄時代から発売されています。
わたしが18才になった時だったかな??
国鉄からJRに変わったのは。

発売期間は1年で3回で長い休みがある春休みの時期、夏休みの時期、冬休みの時期に発売されています。

2015年の発売期間は以下の通り。
1.春休みの時期:発売期間は2月20日~3月31日、利用期間は3月1日~4月10日
2.夏休みの時期:発売期間は7月1日~8月31日、利用期間は7月10日~9月10日
3.冬休みの時期:発売期間は12月1日~12月31日、利用期間は12月10日~1月10日

大体、毎年このスケジュールで発売がされています。

現在の価格は5枚つづりで11,850円です。

青春という単語がついていますが大人でも利用が可能です。
て、いうか大人料金なので小学生でも中学生でも大人でもこの値段です。

ちなみに普通電車専用チケットと思ってくださいね。
これは今も昔も変わらないですね。

青春18きっぷは金券ショップで買うほうがお得??

青春18きっぷはシーズン商品なのでいつでも売っているわけではありません。
ちなみに、昨日の博多駅に近い金券ショップを覗いたら当然と思いますが売ってなかったです。
当たり前ですね、発売している時期じゃないので。

店員さんに聞いても青春18きっぷが持ち込まれる事はほとんど無いとの事でした。
まれに、持込があっても直ぐに売り切れるそうです。
これは、福岡という地方だからかも知れません。
東京などはどうかな??

売っている値段も定価(11,850円)より少し下がるくらいだと言ってました。
それでも安く買いたいと思えば発売期間中にマメに金券ショップを覗くといいと思います。

Sponsored Link

青春18きっぷはヤフオクでも売っています

近所の金券ショップに売っていない時はヤフオクで買うことも出来ます。
ヤフオクは使った残りを出品している人がたくさんいるので1枚ほしい、2枚ほしいといった場合に便利だと思います。
相場は金券ショップで買うより少し安いような感じですね。

ただ、オークションなのでたまたま入札しようとしている青春18きっぷにほしい人が集まれば相場より高くなる事も予想されます。
ですが、相場より安く買うことも予想されます。
それが、オークションの楽しい部分なんですけどね。

ちなみにあまった青春18きっぷは金券ショップに持っていくよりヤフオクに出品したほうが高く売れる確立が高いですよ。
金券ショップは自分の利益を考えた値段設定ですがヤフオクは入札する人が集まれば高くなりますから。
もし、あまったらヤフオクに出品してお小遣いを稼ぎましょう!!

まとめ

わたしの青春の思い出の青春18きっぷ。
駅の待合所ね寝袋にくるまって寝たこともあったなぁ~
昔は駅員さんが待合室に入れてくれたんですよね。
今では考えられませんが…

この記事を書いているうちに行きたくなりました。

普通列車の旅に…

フォローする

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>